FC2ブログ

ウェブマネーを無料で入手するのは危険?

ウェブマネーを無料で入手するのは危険と言われていますが本当にそうなのでしょうか。私がやったポイントサイトで稼ぐ方法は特に問題ありませんでした。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無料アプリのダウンロードで稼ごう ハピタス げん玉 お財布.com ドリームプライズ編

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタスお財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
プレゼントが当たる懸賞ドリームプライズ!


毎日提供されるサイトごとのゲーム、クリックポイント、ポイントメールの受信、「ポイントクリックマスター」「メールリンクチェッカー」といったツールの使用、ネットショッピング、口座の開設やクレジットカードの申込・・・いろいろあるでしょう。

そんな中で私が稼いでいるのは無料アプリのダウンロードです。
スマートフォンユーザーに限られるという難点がありますが・・・普段からアプリのダウンロードに抵抗のない人にはおすすめです。(IDや登録情報の通信が行われるのが嫌な方にはおすすめしません。)

中でもAUの方はAUスマートパスに登録するとダウンロードできるアプリが大幅に増えるので稼ぎやくなっています。(スマートパス登録自体もお小遣いサイトの広告があると思います。)



私は登録した月にハピタス

無料アプリのダウンロード→使ってみて必要の無いアプリは削除を繰り返し

3000円以上稼ぐことができました。
翌月になるとポイントがもらえるアプリもダウンロードし尽して少なくなってくるのですが、ここでさらに稼ぐテクニックがあります。

翌月は違うお小遣いサイトでアプリをダウンロードするのです。
手順で言うと例えば

1.1月にハピタスでアプリをダウンロード→ポイントが入ったら削除

2.2月にげん玉 or お財布.COM or ドリームプライズでアプリをダウンロード→ポイントが入ったら削除

といった感じです、同じ時期に複数のサイトでアプリをダウンロード→削除でポイントがもらえるかどうかは確認していませんが、翌月以降にそのアプリの広告が違うお小遣いサイト(はじめにハピタスでダウンロードしていればそれ以外のサイト)に掲載された時にダウンロードすれば、たいていポイントがもらえると思います。

※ただ、げん玉ハピタス ドリームプライズハピタス などの(2回目のダウンロードにハピタスを利用した際はポイントがもらえないかもしれません。私の場合はやってみたらポイントが付きませんでした。)



私の場合はだいたいの周期を決めて下記のように(適当に気分でやることもあるのでごちゃ混ぜでお小遣いサイトを利用することもありますがw)

1.まずはハピタスでダウンロード(ポイントが入ったら削除する)
2.次の月はげん玉
3.次はお財布.COM
4.ドリームプライズ

みたいな感じでやってみました。


その結果・・・

ハピタスで3000ポイントぐらい、げん玉で20000ポイントぐらい、お財布.COMで3000ポイント弱ぐらい、ドリームプライズで5000ポイントぐらい稼ぐことができました。
この間だいたい4か月ぐらいでしょうか。

※月によってやる気が違うのでポイントの入り方に大きく差が出ましたw 個人的にドリームプライズが使いやすかったのでポイントが多くなっています。

家でWi-Fiに接続してテレビを見ながらやるといつの間にかけっこうポイントが貯まってたりします。

「普段からいろんなアプリを探してダウンロードしてるよ」という方は試してみてはどうでしょうか?

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
↑ハピタスは全体的にもらえるポイントが高めだと思います。


げん玉です。アプリのダウンロード以外にも毎日のブラウザゲームで稼ぐことができます。登録すると250pt

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
お財布.comです。登録に携帯アドレスが必要ですが、もともと携帯サイトだったので携帯に関する広告に定評があります。私は登録しましたが今のところ迷惑メールなどの被害はありません。

プレゼントが当たる懸賞ドリームプライズ!
↑アプリのダウンロードをするに個人的におすすめのサイトです。もらえるポイントもハピタスに近い水準だと思います。facebookの「いいね」でポイントがもらえる広告などもあります。

テーマ : ポイントサイト
ジャンル : アフィリエイト

tag : ポイントサイトテクニック ハピタス げん玉 お財布.com ドリームプライズ

コメントの投稿

秘密

   
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。